BUSINESS事業内容

BUSINESS

BUSINESSCPBSの事業

当社は、企業や基金が生命保険会社に委託する企業年金制度の運用管理業務を、生命保険会社から受託し、加入者・受給者管理や年金等の給付金支払、年金制度決算などの事務・サービスを提供しています。

現在、生命保険会社から延べ約8,800の企業年金契約に係る制度運用・管理業務を受託し、約176万人の加入者および約24万人の年金受給者に係る諸情報を管理しており、 年金・一時金の給付処理額は年間約6,300億円、一日あたり約26億円となります。

※ 2021年度当社実績

事業概要

ABOUT確定給付年金制度とは ■年金制度における確定給付企業年金 の位置づけ(数値は、2021年3月末現在)

「確定給付企業年金制度」は、2001年6月に制定された確定給付企業年金法に基づく代表的な企業年金制度です。

当制度は、国民の高齢期における所得の確保に係る自主的な努力を支援し、もって公的年金の給付と相まって国民の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的に創設されました。

(出典)「企業年金連合会ホームページ
企業年金のしくみ/連合会年金」をもとに編集

 

 

大切な企業年金のお手続きを、より便利に、より簡単に

企業年金制度の運用管理事務では、様々な法令改正や雇用環境の変化等による諸制度の多様化や、超高齢化社会の到来に伴うお客様ニーズの変化などに対し、適時適切な対応を図ることが求められます。

こうした社会的要請に対し、企業年金事業に携わる生命保険会社各社の経験・知見を結集し、企業年金制度の運営管理における“持続的かつ高品質な社会インフラの構築” をより高い次元で実現しています。

 

企業年金の担う社会的使命の高まりを背景に、
お客様サービスの一層の向上と様々な環境変化への、
タイムリーかつ適切な対応を実現していきます。

生命保険会社7社による共通プラットフォームの構築に向けて

日本生命、第一生命、ジブラルタ生命、大樹生命、富国生命、明治安田生命、および住友生命の7社は、お客様サービスの一層の向上を目指すとともに、「人生100年時代」における安定的な企業年金制度の運営を実現するために、各社の確定給付企業年金に係わる制度管理事務の当社への集約による、共通プラットフォーム構築に向けて準備を進めております。

当社は、確定給付企業年金マーケットの過半を受託する企業年金制度の運用管理を通じ、わが国の社会インフラの一翼を担う企業として、国民生活に一層貢献して参ります。

生命保険業界における企業年金制度管理事務の業界標準となり、
多くのお客様、社会に貢献し、信頼される会社を目指します!

SERVICE業務内容

その先にいらっしゃる多様なお客様の信頼と期待に答えるために

当社では、制度管理、資産管理から様々なお客様サービス、システム開発まで、広範かつ専門性の高い業務を、日々迅速・正確に行っています。また、「品質」「生産性」「サービス」の「3本柱」を基軸として、積極的に独自の創意工夫を通じた事務処理の改善を重ねると共に、更に、RPAを初めとする新しい技術を活用したより良い事務体制の構築にも取り組んでいます。 当社の各取組の“起点”にあるのは、その先にいらっしゃる生命保険会社、企業・基金、そして加入者や年金受給者という多様なお客様の信頼と期待に応える使命感と“カスタマーファースト”の精神です。

制度管理領域

制度管理領域では、生命保険会社からの依頼に基づいて、企業・基金毎に異なる企業年金制度の諸情報をシステムに登録し、加入者の情報管理、年金等の給付金の計算や支払、および年金制度の決算等の後続の事務を正確に行える状態を構築しています。

資産管理領域

資産管理領域では、企業・基金が、厚生労働省(地方厚生局)に毎年届け出が必要な企業年金制度に係る決算書類を作成されるにあたってのサポートに加え、生命保険会社の資産運用商品の管理や変更手続き、および当該運用商品の資産残高の報告や決算書の作成を行っています。

企業年金制度に係る資産運用は、複数の生命保険会社や信託銀行等で分散して行われることがあるため、生命保険会社や信託銀行等の間での掛金等の資金の受け渡しの業務も行っています。

法人サービス領域

法人サービス領域では、企業・基金における新規加入者の諸情報や掛金額、および年金等の給付金額の計算の基礎となる給与・ポイントなどの諸情報を、 『企業年金システム』に登録しています。

企業・基金のご担当者が、Web上で『確定給付企業年金オンラインサービス』を通じて行われる諸手続きについてのサポートも行っています。

コールセンター領域

コールセンター領域では、企業・基金のご担当者が、法人サービス領域、支払サービス領域、受給者サービス領域の事務手続きを行われるにあたっての、各種お問合せを承っております。

専門知識を備えたオペレーターが、企業年金制度の運用管理に係る事務手続きや、『確定給付企業年金オンラインサービス』の操作方法等についての各種お問い合わせに直接お答えしています。

支払サービス領域

支払サービス領域では、企業年金制度の加入者が退職等された場合にお支払する年金等の給付金額の計算、支払に必要な税金関係書類の確認や一時金支払、および一時金を受け取られた方に対する支払内容の通知書の発送などを行っています。

受給者サービス領域

受給者サービス領域では、年金受給者への定期的な年金支払、一時金での受取を希望される方の一時金額の計算と支払、年金受給者に対する支払内容の通知書の発送、および年金受給者の住所や年金受取口座に係る情報管理・変更手続き等を行っています。

システム開発領域

システム開発領域では、企業年金制度に係る運用管理事務を行うにあたって必要なシステムの開発・保守を行っています。

具体的には、企業・基金にご利用いただいている『確定給付企業年金オンラインサービス』の利便性の向上や、企業年金制度に係る諸情報を管理する 『企業年金システム』 や『確定給付企業年金オンラインサービス』の機能改善・保守などを行っています。

生命保険会社や当社の事務担当セクション、およびシステム開発の委託先であるニッセイ情報テクノロジー㈱と連携しながら、当社の提供する事務・サービスの基盤を成すシステムを構築しています。

Service
for
Customer
1

確定給付企業年金オンラインサービス

インターネットを活用したペーパーレスでカンタンな事務手続きを提供!
お手続きをより「簡単」「迅速」「便利」に!

 

企業・基金のご担当者が、Web上で、 一時金支払や加入者諸手続き、
各種帳票のリアルタイム照会等を行っていただけます。
インターネットを活用したペーパーレスでスピーディな事務手続きを提供いたします。

 

 

 

 

 

Service
for
Customer
2

コールセンターによるご照会対応サービス

企業年金の専任スタッフが企業・基金のご担当者をサポート!
お客様のご不明点、ご質問に迅速にお答えいたします!

 

当社の企業年金の専任スタッフが、企業・基金のご担当者をサポート、
各種事務手続きやオンラインサービスの操作方法等のお問い合わせに直接お答えします。

◎ 顧客応接システムによりお客様対応履歴を適切に管理
◎ 高品質かつ均質なお客様応対を実現