CPBS WELLNESSウェルネス経営

CPBSWELLNESS CPBSWELLNESS

当社の経営のベースには、“人が真ん中、全従業員が主役”という基本思想があります。
従業員は、様々な取組について、自ら考え自ら行動することで自律成長を遂げ、会社は、従業員の自律行動を助け、支える体制と、頑張りや成果を丁寧に評価する仕組みを整えることで、事業の持続的成長を実現していきます。
『CPBSウェルネス』は、全ての主役たる全従業員の身体面・精神面・環境面・社会面に亘るトータルな「健康」の増進を実現していく重要な経営基軸の一つであり、会社が「ウェルネス経営」を推進し、役職員一人一人が「ウェルネス行動」を実践することを両輪に、高次元での実現を会社を挙げて目指しています。

CPBS WELLNESS

CPBSウェルネスの実現

WELLNESSウェルネス経営の主な取り組み

CPBSミーティング

CPBSミーティング

全従業員と経営層との
双方向コミュニケーション

全従業員への各種の情報提供、および全従業員と経営層との双方向の意見交換の場として「CPBSミーティング」を開催しています。

このミーティングを通じて、会社経営や事業運営に関する政策・取組について共有化を図り、ここでの意見交換の結果を諸計画の策定に積極的に活かしています。

ウェルネス委員会

ウェルネス委員会

全従業員がイキイキと働ける
会社づくり・職場づくりを
目指して

「ウェルネス経営」を推進するための会議体として、「ウェルネス委員会」を運営しています。

健康増進・衛生活動に留まらず、人財育成(自律成長)・人事制度・オフイス環境からコンプライアンスまで、従業員が心身ともに健やかに気持ちよく働ける会社づくり・職場づくりに向けた幅広いテーマについて闊達に意見を交わしています。

CPBSアカデミー

CPBSアカデミー

従業員の高い志に応え、
他領域を学ぶ講座を開設

「担当領域を超えた業務領域についてもしっかり学べる場がほしい」という従業員の声に応え、「CPBS実務アカデミー」を開講しています。

「CPBS勉強会」などのワンテーマ・ワントピックについての勉強会とは異なり、各領域の全容と基本的な事務に係る体系的な理解・習得を目指し、数回に亘る連続講義形式で運営しています。

CPBSアワード

CPBSアカデミー

仲間の頑張りと成果を
互いに労い、讃え合う

従業員同士が日々の行動・頑張りについて互いに感謝の気持ちを伝えあう「感謝の声」運営や、あらゆる実務領域について従業員主導で業務改善提案を行う「かがやき活動」等の優秀表彰から、「アドバイザー受任」等の組織貢献や「勉強会の参加」等の自己研鑽に向けた諸取組まで、従業員の様々な日々の頑張り・成果に、より広く温かい光をあて、互いに労い、讃え合うため、全社表彰制度として「CPBSアワード」を運営し、毎年1回、表彰式典を開催しています。

オフィスリニューアル

オフィスリニューアル

「第二の創業」を担う
全役職員の新たな"舞台"

受託先拡大後の新たな業務体制を見据え、『CPBSウェルネス』を旗印とする働きやすく心地よいオフィスづくりに向け、従業員の代表で構成するプロジェクトチームにて、議論を重ねてきました。

業務効率化に加えコミュニケーション活性化とセキュリティ強化を図るゾーニングプランやBCPに基づくスプリットスタイルの採用など、「第二の創業」に向けた全従業員の活躍の舞台として、新たなオフィスが2021年秋に段階的に完成します。

STATEMENT OF HEALTH MANAGEMENT健康経営宣言 / 健康経営優良法人認定

当社は、“社会インフラ”を担う使命と “顧客本位”の思想に根差した経営理念のもと、全ての仕事の“主役”たる全役職員の身体面から精神面・環境面・社会面に亘るトータルな「健康」を重要な経営基盤として位置づけ、会社と役職員一人一人の取組を両輪とした運営を通じて、高次元での健康経営“CPBSウェルネス”を実現して参ります。

健康経営宣言

推進体制

当社は、社長を「ウェルネス経営責任者」、企画総務部長を「ウェルネス経営統括者」と定めるとともに、各所属で選出された「ウェルネスリーダー」を推進役、「ウェルネスリーダー」から選任された各所属を代表する「ウェルネス委員」によって構成される「ウェルネス委員会」を推進組織として、 “CPBSウェルネス”の高次元での実現に向けて全社を挙げて取組を進めます。

推進体制
  • ※1
    各部・各グループにおいてウェルネスリーダーを選出
  • ※2
    ウェルネスリーダーの中から選任された委員と
    ウェルネス関係所管の委員により構成

主要な取組項目

トータルな「健康」の増進に向けた
全社課題の把握および対策実施に
取り組みます。

計画的な連続休暇を含めた有給休暇取得推進や長時間労働防止に向けた取組目標を設定。

健康診断等の受診促進等、
各人の健康維持・増進に向けた
環境整備に取り組みます。

健康診断100%受検、補助制度利用、再検査・精密検査受検に向けて綿密にフォロー。

体調不良者の早期把握および対応実施に取り組みます。

全職員を対象にストレスチェックを実施。体調不良者の早期報告・フォロー態勢を整備。

役職員のヘルスケアリテラシー向上に
取り組みます。

ウェルネス委員会を通じ「ウェルネス通信」を毎月発信。ヘルスケア研修を全役職員を対象に実施。

健康経営優良法人

当社は、従業員などの健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業として、経済産業省と日本健康会議による「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」の認定を受けました。

健康経営優良法人

PRINCIPLE「第二の創業」行動理念

CPBSは人が真ん中、全従業員が主役

CPBSトリプル

ACTION PHILOSOPHY行動指針

信頼されるって、嬉しい。

お客さまから信頼されること。
それは企業年金のプロフェッショナルとして頼られるということ。
仲間から信頼されること。
それは上司、同僚、部下として頼られるということ。
私たちは、お客さまや仲間から信頼を得られる存在になりたい。

コツコツ続けるって、素敵。

私たちは、企業年金を通じて、お客さまの生活の一端を担っている。
パソコン画面や書類の先には、お客さまがいる。
派手さはないけれど、お客さまを思い、地道にコツコツ仕事したい。

助け合うって、美しい。

助け合える仲間といると心強い。
困難な壁に当たっても、仲間と一緒なら乗り越えられる。
一致団結すれば必ず道は拓かれる。

チャレンジするって、楽しい。

現状に満足せず、チャレンジ精神を持って行動したい。
高い壁に挑むことで、新たな可能性がひろがる。
常に自分の成長を感じ楽しみたい。

笑顔で働くって、素晴らしい。

忙しい時、苦しい時でも、仲間とともに上を向いて笑顔でいたい。
そうすると自然と前向きな気持ちになれる。
笑顔で仕事をすることで、お客さまにベストなサービスを届けたい。