COMPANY会社概要

COMPANY

COMPANY PROFILE会社概要

(2022年4月1日現在)
名称
企業年金ビジネスサービス株式会社
(Corporate-pension Business Service:CPBS)
所在地
本   店 大阪府大阪市中央区今橋三丁目1番7号 日本生命今橋ビル
東京事業所 東京都中央区晴海一丁目8番10号 
晴海トリトンスクエア オフィスタワー X棟
創業
2001年10月
資本金
60億円
従業員数
339名 (2022年3月末現在)
業務の概要
企業年金に係る掛金又は給付金等の計算に関する業務及び書類等の作成又は授受に関する業務
前項に付帯する一切の業務
株主構成
日本生命保険相互会社
第一生命保険株式会社
ニッセイ情報テクノロジー株式会社
第一生命情報システム株式会社
取締役
代表取締役社長 早田 順幸
代表取締役副社長 大泉 光一
取締役 今井 清一郎
取締役 十川 謙
取締役  杉村 裕史
取締役 浅岡 延之
監査役
常勤監査役 岡田 智司
監査役 上田 哲也
監査役 中原 英一郎

ORGANIZATION組織図

組織図

GOVERNANCEガバナンス

当社は、社会インフラとして、持続的・安定的な事業継続を支えるレジリエント(強靭・しなやか)な経営基盤の構築に向けて、コーポレートガバナンスに係る諸態勢を整えています。

内部統制

会社法および会社法施行規則に基づき、内部統制システムの基本方針を定め、運用・評価することで、会社全体の業務の適正を確保するための体制を整えています。

コンプライアンス

内部通報制度の周知やコンプライアンス研修の実施などによりコンプライアンス意識の醸成を図り、コンプライアンス・リスクマネジメント会議を通じて、コンプライアンス事象に対して的確な管理および対応を実施しています。

リスクマネジメント

リスク管理基本方針および事務・システム・セキュリティに係るリスク管理規程を定めると共に、コンプライアンス・リスクマネジメント会議を通じて、事務リスクから大規模被災リスクまで、事業に係る様々なリスクに対する多面的かつ機動的な管理・対応体制を整えています。

情報セキュリティ

個人情報をはじめとする各種情報に係る盤石な管理体制を構築すると共に、従業員教育にも努め、情報セキュリティ態勢の強化に全社的に取り組んでいます。

HISTORY沿革

年度

2001
  • 10月 会社設立
  • 第一生命の厚生年金基金契約の
    業務受託開始
2002
  • 日本生命の適格退職年金契約の業務受託開始
  • 日本生命・第一生命の確定給付企業年金契約の業務受託開始
  • 第一生命の適格退職年金契約の業務受託開始
2003
  • 日本生命の厚生年金基金契約の業務受託開始
  • 適格退職年金契約から確定給付企業年金契約への移行開始
  • 厚生年金基金契約から確定給付企業年金契約への移行開始
2005
  • AIGスター生命(現ジブラルタ生命)の適格退職年金および確定給付企業年金契約の業務受託開始
2010
  • 確定給付企業年金
    オンラインサービス開始
2011
  • 設立10周年
2015
  • 簡易ワークフロー導入※1
2018
  • 大樹生命、富国生命、明治安田生命、住友生命の新規受託に係る基本合意
  • CPBS行動指針制定
  • 正職員転換制度導入
  • RPA導入※2
2019
  • 厚生年金基金事業の収束
  • 旧東京事業所(大森)閉鎖
2020
  • 大阪事業所への本店移転
2021
  • 経営理念『VISION3S+2S』
    制定
  • 行動理念『CPBSトリプル1』制定
  • ウェルネス委員会発足
  • 設立20周年
  • 設立20周年記念誌発行
2022
  • 「健康経営優良法人」認定取得
  • 新東京事業所(晴海)4月開設
  • ※1
    簡易ワークフロー:グループ内およびグループを跨ぐ案件管理、工程管理強化を目的に導入
  • ※2
    RPA:品質、生産性の向上を図るべくPC等を用いた一連の事務処理を、ソフトウエアロボットにより自動化